クレンジング剤にジェルタイプのものを使っている人

クレンジング剤にジェルタイプのものを使っている人が、使用感が良くさっぱりと洗いあがることもあり多いようです。最近では数多くのクレンジングジェルが販売されていますが、選ぶ時はどんな視点が役に立つでしょう。クレンジングジェルの中には界面活性剤を含んだものがあります。汚れ落ちの効果が非常に高いために、肌のバリア機能のために必要な皮脂や油分も取れてしまう場合があります。肌が外の刺激に対して弱くなるのです。汚れ落ちが強すぎるクレンジングジェルを使わないようにするためには、水溶性高分子を配合したクレンジングジェルがいいでしょう。クレンジングジェルには保湿作用があるのでほとんど洗った後のつっぱり感はないかもしれませんが、洗浄力が強すぎると肌がつっぱる場合があります。クレンジングジェル選びでは、肌のバリア機能を損なうほど油分を奪わないものにすることです。クレンジングジェルのメリットはオイルやクリームタイプのように肌に残る感じはなく、洗い流しが簡単なことです。水でサッと洗い流せるクレンジングジェルにしたいものです。クレンジングジェル選びでは、水ですすいだ時の感触も大事です。日々化粧落としに使うことになるクレンジングジェルですので、肌との相性がいい洗いやすいものにしたいものです。