リバウンドがホメオスタシスと言う機能が働くことによって起こってしまいます

無理なダイエットをした場合には、リバウンドがホメオスタシスと言う機能が働くことによって起こってしまいます。ホメオスタシスに配慮しながらダイエットをすることで、リバウンドを起こしづらくすることが可能です。ダイエットで食事制限をしたり、低カロリーの食品ばかりを食べていると、たんぱく質や脂質などがかなり不足した状態になります。栄養が十分に摂取できない環境に気づいた体はホメオスタシスを機能させるため、代謝が低下し、脂肪が燃えづらい体になります。カロリー消費の少ない体になろうとするために、ダイエットうまくいかない体質になります。ダイエットを目的として食事量を減らしたり、せっせと運動をしていても、ホメオスタシスがエネルギー消費量を減らそうとしている限り、体重はなかなか減らないでしょう。ダイエットをしているのに体重が減らないと、痩せようとする気が失せてしまったりします。リバウンドが起きるのは、食事制限の反動が来て食べ過ぎてしまった時などです。リバウンドが起きるということは、少なくともダイエットの影響で体に何かしらの変化が起こったと言う事です。ダイエットができているからこそ、リバウンド体質になっているとも解釈できます。体重が増えるのは、リバウンドがしやすくなっているタイミングでダイエットを中止するためです。リバウンドが起きたからといって焦らずに、カロリー制限や運動によるダイエットをコツコツと続けることが、リバウンド対策になることでしょう。